虎ノ門ニュース視聴記

虎ノ門ニュースを見た感想を書き綴ります

江崎道朗の怪談話

     火曜日と言えば百田さんとゲストさん。今日のゲストはコミンテルンという言葉を僕たちに教えてくれた江崎さんでした。それにしても今日はバックに右翼の街宣車の音が流れていて煩かったですね。百田さんを極右という人がいますがもしそうだったら百田さんの放送を妨害したりしないですよね。百田さんはリアリストです。

 

  かなり前のことですが右翼を名乗る人が僕の事務所に電話かけてきて「北方領土奪還のために5万円の本を買ってくれ」というのです。僕はとぼけて「北方領土ってなんのことですか?」と尋ねたらその右翼を名乗る人は「樺太のことだ」と答えました。

 

  番組の途中で1分間の黙とうを捧げる、これも虎ノ門ならではですね。

 

  百田さん、昨日の田北さんの23本に対抗してか本日は25本ニュースを並べました、どうなることやら。

  

 

 

第5位 文芸7月場所「夏の騎士」3位に

 

  これ、放送終了直前に取り上げたのですが、今週は遂に公式サイトでも無視されましたね。3位ですか、残念です。引退宣言撤回ののチャンスを失いましたね。でも僕はこの夏の騎士は発売即エバーグリーンなので爆発的というよりは息の長い売れ方をするような気がします。LPで言えばピンク・フロイドの「狂気」のような売れ方をすると思います。

 

 

第4位 少女像展示巡り愛知知事「憲法違反」

 

  大村知事は元自民党、河村市長は元民主党ですよね。言ってることの党風が全く逆ですね。河村市長は元民主党という汚名を完全に拭い去ったと言ってもいいでしょう。河村市長の民主党を去ってからの苦労がよくわかります。やっと人間になれたね、ベム。

 

  埼玉県でも元民主党の島田知事が16年間君臨しておりました。本人は当選後、元民主党をおくびにも出さなかったけど、裏ではその筋の連中と手を結んでいて県内の公共事業も相当歪められていたそうです。その間自民党は指を咥えていたのみ、その結果が「翔んで埼玉」でした。

 

  島田知事が引退を表明し、民民の大野に後釜を譲るつもりで、自民党もそれに相乗りの予定でした、ヘタレですわな。ところが心機一転、元スワローズの青島健太を知事候補に立てたのです。さすが安部自民党と思いきや、その後ろ盾は2Fでした。あーあ、今年も翔んで埼玉かあ。

 

 

 

第3位 南北協力で日本に対抗 韓国大統領

 

  これギャグですよね。米韓合同軍事演習の真っ最中でしょ、これじゃあ合同演習じゃなくて米韓戦争シミュレーションじゃないですか。さらには国連安保理経済制裁の真っ最中でもあるんですよ、元り地域にも即経済制裁ですね。これに先立ってホワイト外しをした日本、先見の明あるわ。

 

  さらに言えば元り地域民の人たちは南北統一を本当に願っているのでしょうか?そうなればまずは報道統制、SNSも使えない、トゥワイスや少女時代は喜び組になり、海外渡航も禁止、これでいいんですか?南北統一の必要条件はエリンギ一族の不在です。

 

 

 

第2位 8月2日は日韓関係のターニングポイント

 

  これはいかにも百田さんらしいツイートですね。これからは日本人がずうっと感じていたあのうとーしさから解放される。あとは国内にいる頭のヘンな奴らを退治していけばよい。

 

  10年後、半島には朝鮮という国が誕生しておりました。独裁国家でCHINAを後ろ盾に住民は完全に自由を奪われております。日本は憲法を改正し日米安保を強化し、小野寺国防大臣の元、対馬海峡をがっちりと守っております。1年前に奪還した竹島にも日本国防軍の前線基地を完成させ、国防も盤石であります。

 

  百田尚樹は完成したばかりの竹島基地を表敬訪問し、日本海の荒波を見つめながら10年前の8月2日を思い出していました。そしてつぶやく「あの日が日本のターニングポイントだったわな」

  

 

 

 第1位 火曜特集「日本敗戦革命!冷戦時代編」

 

  いやあ江崎さんのお話は凄いですね。戦後の日本では報道されなかった、またはフェイク報道された歴史の真実を正確に再現してくださってる。僕らは「核抜き本土並み」という言葉を当たり前のように受け入れてたけど、こんな裏があったのですね。

 

  日本だって昭和の時代に自立するチャンスがあったのにそれを自ら放棄してしまっていたのですね。しかもそれを後押ししていたのが朝日新聞。この会社は裁判にかけなきゃならないでしょう。この会社のために今までの日本が如何に損害を被ってきたか。この裁判は新東京裁判と名付けましょう。

 

  

  ということで本日は25本中5本、ニュース消化率20%でした。落第というより退学ですね。